or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] スーパーが試みる“環境に配慮した包装”

840_belgium_2017_6text & photograph by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年6月号/「ワールドトピックス」より

農薬、プラスチック、合成洗剤などに含まれる有害物質の排出により、環境汚染が問題化されて久しい。2017年のダボス会議では、海には年間800万トンのプラスチックが漂い、このまま行けば2050年には魚の数よりプラスチックごみの量が上回るとの報告もある。

大手スーパー「デレーズ」は、ごみの発生を抑える手段の一つとして、ビオの野菜と果物に直接ラベルを打つ手段を考案した。レーザーで文字やロゴを青果の表面に刻印するためどんな包装も必要としない。また本体の質や風味、香りを損なうことはなく、安全性も高い。皮が柔らかいトマトなど採用には限界はあるが、カボチャ、バターナッツカボチャ、ズッキーニなど20種類に採用されている。

包装用の糊、インク、紙などは不要、ラベルがはがれることもない。短時間で刻印できるので梱包時間や経費の削減にもなる。2017年夏から開始し、目標は年間13トンのゴミの縮小。「環境に配慮した包装とは、包装しないこと」という、消費者の意識を変える発信にはポジティブな反応が多い。  

◎ Delhaize

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。