or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] スーパーの屋上を菜園に

840_belgium_2017_4text by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年4月号/「ワールドトピックス」より

ブリュッセル市が2016年初頭に発表した「緑地Good Food計画」。都会での農業の可能性を探りながら市民の健康的な食品への意識改善を図り、同時に都市の過大化防止、大気汚染物質の削減を訴えるものだ。


これを受けて大手スーパー「デレーズ」は、店舗の屋上を菜園に改装。収穫した野菜は2017年春から店で販売すると発表した。屋上の空きスペース利用というだけでなく、年間を通した新鮮な野菜の供給、生産と販売の短い流通回路による大気汚染削減、運搬費のコスト節約なども狙いだ。320㎡の菜園はオープンエアーと温室に分かれ、トマト、サラダ菜、ナスなどが有機栽培される。

露天の耕地栽培ではないためビオのラベルは獲得できず、一般野菜とビオ野菜の中間価格での販売となるが、この試みが成功すれば、他支店でも生産する予定。モデルケースとして市民や学校見学にも開放されるため、これを見習う店が増えれば、「2035年以前に、目標とする都市農業30%を達成できる」とは、環境問題担当大臣の弁だ。

◎ Delhaize Boondael
Avenue du Bois de la Cambre 120, 1050 Bruxelles , Belgium 

GET INSPIRED

India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した