or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] スーパーの屋上を菜園に

840_belgium_2017_4text by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年4月号/「ワールドトピックス」より

ブリュッセル市が2016年初頭に発表した「緑地Good Food計画」。都会での農業の可能性を探りながら市民の健康的な食品への意識改善を図り、同時に都市の過大化防止、大気汚染物質の削減を訴えるものだ。


これを受けて大手スーパー「デレーズ」は、店舗の屋上を菜園に改装。収穫した野菜は2017年春から店で販売すると発表した。屋上の空きスペース利用というだけでなく、年間を通した新鮮な野菜の供給、生産と販売の短い流通回路による大気汚染削減、運搬費のコスト節約なども狙いだ。320㎡の菜園はオープンエアーと温室に分かれ、トマト、サラダ菜、ナスなどが有機栽培される。

露天の耕地栽培ではないためビオのラベルは獲得できず、一般野菜とビオ野菜の中間価格での販売となるが、この試みが成功すれば、他支店でも生産する予定。モデルケースとして市民や学校見学にも開放されるため、これを見習う店が増えれば、「2035年以前に、目標とする都市農業30%を達成できる」とは、環境問題担当大臣の弁だ。

◎ Delhaize Boondael
Avenue du Bois de la Cambre 120, 1050 Bruxelles , Belgium 

GET INSPIRED

Italy [Milano] 生活に困窮する人々を支える“日常のパン協会”
協会の主な活動は、生活に困窮する人々に手を差し伸べ、無料で食料品を配ること。宗教も理由も問わないため、市内2カ所にある協会には毎朝、大きな袋を持った人が列をなす「ここ数年その数は増え、2018年は約100万人の手に渡りました」とルイジ・ロッ...
Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。
[Berlin] 人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営
世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。