or WASTE

AUSTRALIA

[Melbourne] バリスタのスキルを難民に伝授

Australia_01_01text by Akiko Mori Ganivet
photo by Gold and Grit photography


まずいコーヒーを探すのが難しいと言われるメルボルンで2015年に開店し、味も客の応対も格別という評判の店がある。こだわりの豆を「プラウド・メアリー」という著名ロースターから仕入れてドリップする「ロングストリート・コーヒー」は、豪州で職探しが難しい難民や亡命希望者にバリスタのスキルを教える場となっている。

イランなどから来豪する難民らの手助けを模索していたマルクス夫妻が、クラウドファンディングで資金集めをしたこのカフェ、研修はあいさつや注文の取り方、紅茶の淹れ方から始まる。 英語の会話はある程度できるのが前提なので、教えるのはオージーの口語や言い回しがメイン。次に、フィルターコーヒーの淹れ方、豆の原産や焙煎による微妙な味の違いを学びながらマシンの使い方を最後に習得するという流れだ。

「地域のコミュニティサポートのおかげで、客足も順調です。リピート客も増えています」というジェーン・マルクスさん。訪れるとつい笑みがこぼれる、そんなカフェだ。

(『料理通信』2016年7月号/「ワールドトピックス」より)

Long Street Coffee
45 Little Hoddle Street, Richmond, Melbourne, CIC3121
+61-4-1516-4130 8:00~16:00 月曜休
http://www.longstreetcoffee.com

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。