or WASTE

AMERICA

Peru [Lima] 国民の健康を守る八角形の加工食品警告表示

840Perutext & photograph by Keiko Harada
(『料理通信』2019年11月号/「ワールドトピックス」より)

ペルー保健省による加工食品への警告表示が義務化された。これにより2019年6月17日以降、基準値を超える塩分と糖分、飽和脂肪酸、トランス脂肪酸を含む製品は、パッケージ上に黒い八角形のマークを表示しなければならなくなった。

トランス脂肪酸には「摂取を避けること」、他の3成分には「過度の摂取を避けること」との注意書きがそれぞれのマークの下部に併記される。偏食気味の食生活を送りがちなペルー人は、15歳以上の約60%が過体重もしくは肥満に分類されている*1。

今回の制度は、国民の視覚に訴えることで糖尿病や心臓病の原因となる肥満を減らそうという政府の試みだ。発効1カ月後の調査では、64%がこれらの商品の消費を抑えるようになったと回答*2。今回は見送られた外食産業への適用についても、今後の取り組みが期待されている。

八角形の加工食品警告表示は隣国チリでも実施されており、現在ウルグアイでも導入が進められている。ラテンアメリカに国民の健康を守る動きが広がりつつある。

Octógonos de advertencia
ペルー保健省のサイト

*1 ペルー国立衛生研究所・国立食品栄養センター調べ
*2 Datum Internacional社(国際リサーチ・コンサルティング企業)調べ
www.gob.pe/minsa

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。