or WASTE

JAPAN

未来を変える、“学び”のチカラ。 湘南学園の中学生が取り組む 「幸せを届けるチョコプロジェクト」

ph01
私たちは日々膨大な情報を浴びているが、そこからどれだけのことを学んでいるだろうか。たとえば「児童労働」や「フェアトレード」という言葉を知っていても、肝心なのは、その先なのだ。社会の構造を理解し、課題を正確に捉えること。考え、行動すること。その大切さに改めて気づかせてくれたのは、14歳の中学生たちだった。

甘いチョコレートの裏の、過酷な現実

神奈川県藤沢市。創立85周年を迎えた幼小中高一貫の「湘南学園」で、昨年ある一つのプロジェクトが発足した。当時中学1年生の有志メンバーが立ち上げた「チョコプロジェクト」、通称「チョコプロ」だ。きっかけは、地理の授業。“チョコレートから世界を見よう”というテーマでガーナの児童労働が取り上げられた時のことだった。

チョコレートの原料であるカカオの生産現場では児童労働が問題になっている。
世界のカカオ生産の7割を占める西アフリカの国々では、200万人にのぼる子どもが農園での労働を強いられ、その64%は、体も未熟な14歳以下の子どもたち。
生産者の大半は貧困や労働力不足に悩む小規模な家族経営のため、家業の担い手として働く子どもが多くいる一方、遠く離れたさらに貧しい地域から労働力として買われ、強制的に働かされている場合も少なくない。農薬の塗布や、自分の体重を超える荷物の運搬、ナタのような刃物を使うなど、身体的にも精神的にも苦痛や危険を伴う仕事が横行し、彼らの多くは学校にも通えず、炎天下で長時間働き続けている。
児童労働の問題はカカオ産地に限らず、綿花の栽培や鉱山での採掘、サッカーボールの縫製など様々な国や地域の生産現場に渡り、その数は約1億5千万人にも上るという。

「チョコプロ」結成!まずは実態を、調査する
同年代の子どもたちが日々過酷な労働に励む現実に、生徒たちはショックを受けた。そんな彼らに教科担当の清水直哉先生は声をかけた、「みんなで何かやってみないか?」。

ph02「かわいそう、で終わってほしくなかったんです」と社会科の清水直哉先生

「自分たちの思いや問題意識を周囲に向けて発信し、共感や指摘、助言をもらうという体験は、子どもたちにとって大きな成長のきっかけになると思いました。ただ、プロジェクトありきだと中身が深まらない。募金をして終わってしまいます。児童労働がなぜ起きてしまうのか、どこに問題があるのか、出発点を大切にして常に学びながら前に進められるよう配慮しました」。

呼びかけに対し、当時中学1年生だった武田智生くんを中心に約30人のメンバーが集まり、「チョコプロ」を結成。彼らはまず実態を調べることから始めた。児童労働とは何か。世界中でどれだけの子どもたちが、どのような労働を強いられているのか。その背景には何があるのか、児童労働の改善策と考えられるフェアトレードとはどんなものか。
そして、「児童労働について知ってもらうこと」を初年度の活動テーマに掲げる。


知ってもらう、そして一緒に考える

7月に立ち上げたプロジェクトは、授業や部活動、生徒会活動などの合間を縫い、精力的に行われた。
児童労働の改善を目的としたNGO団体「ACE」のイベントに参加したのを皮切りに、学園祭では児童労働の現状を訴えるポスターの掲示や、生産国の子どもたちに送る文房具の回収を実施。藤沢駅での募金活動も行った。クラウドファンディングで資金を集め、バレンタインには、映画『バレンタイン一揆』(カカオ産地での児童労働とフェアトレードチョコレートのPR活動を記録したドキュメンタリー)の上映とフェアトレード商品の販売を校内で仕掛け、大盛況を収めた。
さらに、SDGsの達成を目指す全国フォーラムで発表するなど、授業から始まった自発的な彼らの活動の場は広がりを見せる。
ph03昨年9月、学園祭で児童労働の実態とフェアトレードについて知ってもらうため、ポスターを掲示して来場者にアピール。同学園の幼稚園、小学校、高校にも呼びかけ、1週間かけて文房具を回収。
ph04昨年11月、藤沢駅で募金活動を実施。夕方6~7時の1時間で約3万円を集め、ACEなど児童労働の改善を目指す団体を通じて、現地の子どもたちへの援助とした。


ph05今年2月、クラウドファンディングで活動資金を集めて行った映画上映会。20万円を目標にし、結果得られた資金は12万円。それは、自分たちの活動が世間からどれだけ賛同を得られるものかを図る指標。「今の自分たちに足りないものを考えるきっかけになったと思う。今後の活動へのモチベーションに繋がり、可能性も広がったのでは」と清水先生。
ph06映画上映会で販売した「ピープルツリー」のフェアトレードチョコレート(写真は秋冬限定商品/提供ピープルツリー)



言葉を尽くして、伝える

ph07
この日は、放課後を同学園小学校アフタースクールで過ごす小学生約30人を招き、「世界がもし100人の村だったら」の上映会を開いた。働けなくなった父親に代わり、出稼ぎで鉱山の採掘をするボリビアの少年の話だ。視界を妨げるほどの粉塵で寿命も縮む劣悪な環境下、大人と変わらない重労働を課せられている。食事は日に1度。空腹と寒さとさみしさに耐えながら、それでも家族のために働き続ける姿に、ただただ胸が締め付けられる。
小学生たちにどこまで理解してもらうことができただろうか……。上映後、メンバーは言葉を尽くして内容を補足し、映像から何を感じたのか、時間をかけて引き出していった。

するとポツリポツリと、小学生たちが素直な思いを口にし始める。
「自分だったら嫌だな」
「食べ物を送ってあげたらいいのかな? それも足りなくてケンカになっちゃうかな?」
「私はお皿洗いを1回したら100円もらえるけど、あの子たちは1日働いても80円しかもらえないなんて不公平」
「テレビを見たり友達と遊んだり、自分たちが当たり前にしていることができないなんて」

そして、フェアトレード商品を買うという支援の仕方があることを、クイズなどを使いながら易しい言葉で説明し、最後にこう訴えた。

「彼らと私たちは、ただ生まれた場所が違うだけなんです」


ph08児童労働の背景には、仲介業者による買い叩きがもたらす貧困があること、消費者が求める安さ、それに応えようとするメーカーがコスト削減に躍起になり、生産現場の子どもたちにしわ寄せがいくこと、フェアトレードという仕組みがあることを小学生にもわかる言葉で丁寧に説明を行う。

ph09「放課後NPOアフタースクール」が運営する同学園の小学校アフタースクールで過ごす小学生を招いての上映会。「アフタースクール」は貧困や環境問題などSDGsに触れる機会を日々の活動に取り入れている。「子供たちに身近な問題として素直に受け止めてくれます」と湘南学園小学校担当の藤原潤子さん。


ph10映像から何を感じたのか、丁寧に引き出していくメンバー達。

ph11メンバーと小学生で小さなグループを作り、意見交換。


ph12

動くことで得られる気づき

ph13
発足から1年弱。メンバーはこれまでの活動を様々な思いで振り返る。
「中1の自分にはまだ何もできないと思っていたけれど、みんなで力を合わせれば何でもできるとわかった」
「リーダーを務めることには不安があったけど、その大変さがわかってよかった」
「チョコプロ以外のことにも積極的に取り組むようになった」
「募金や文房具回収など、予想以上にたくさんの人が協力してくれてうれしかった」
「小学生から、自分たちも気づいていなかった意見が出てきて驚いた」
「募金の時に、暗くてポスターがちゃんと見えていないと声をかけてくれた人がいた。自分たちが気付かなかったことを教えてもらった」

自分たちの無限の可能性や、思いを伝えれば協力してくれる人がたくさんいること、組織をまとめる難しさとやりがい、物事への向き合い方、自分たちに足りない視点……。プロジェクトを通じて得たものは、資金や物資だけではなく、彼ら自身が生きていく上での糧ともなる多くの気づきだった。


“学び”は、未来を変える

さらに、日常生活にも少しずつ変化が起きているようだ。
「買い物をする時、フェアトレードマークを探すようになった」
「買う物はこれまでと変わらなくても、その背景について考えるだけでも意味がある気がする」
「安さより、どんな人がどんな場所で作っているかを気にするようになった」

ph14

チョコプロのこれからについて意気込みを語る武田智生君。

最後に今後の活動について聞くと、2つの展望を語ってくれた。
一つは「ガーナに行き、現地の様子を自分の目で見て、それをまた多くの人たちに知らせること。あるいはガーナの農園で働く子供を日本に呼んで、話を聞かせてもらうこと」。もう一つは、「チョコレート版OPEC(石油輸出国機構)、CHOPECを作ること」。
清水先生の授業で学んだ、原油国側が国際石油資本から価格決定権を奪回し、従来の構造を根本からひっくり返したOPECの成り立ちに着想を得た武田くんの発案だ。「今は校内や周辺だけの取り組みだけど、東京の企業や団体へと少しずつ協力の輪を広げていけば、いつか世界に繋がるかもしれない。一歩ずつ外に向かっていきたい」と武田くん。近い将来、本当に実現してくれそうで、何とも頼もしい。

「社会への不安が先行し、無関心になることが多い中、子どもたちには社会の構造を理解し、課題を正確に捉えることで、希望を見出し、主体的に行動できるようになってほしい。僕は距離を保って支えるだけなんです」と清水先生。
見えている物事の背景にある見えない現実に目を向ける。遠い国の問題も自分のこととして捉え、当事者の人生に思いを寄せる。さらに広く、深く知り、自分に何ができるか考える。一つの学びは意識を変え、行動を変え、やがて社会や未来を変えていく。



◎ 湘南学園中学校高等学校
神奈川県藤沢市鵠沼松が岡4-1-32
https://www.shogak.ac.jp/highschool/

ph15江の島に程近い鵠沼の閑静な住宅地にある。近年、世界的に取り組みが重視されている「ESD(Education for Sustainable Development“持続可能な開発のための教育”)」の理念に基づき、劇的に変化する社会状況や様々な課題に向き合いながら、自分らしく豊かな人生を切り開いていける学びに力を入れている。

ph16湘南学園に通う生徒の保護者達が、安心・安全な食生活と真の食育を目指し、学校の理念にも沿うNPO法人として「湘南食育ラボ」を立ち上げ、学校内のカフェテリアを運営。先生や保護者が連携して、子どもたちの学びに寄り添っている。

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した