or WASTE

EUROPE

[Amsterdam] 廃棄フード救出レストラン、登場!

europe_01_01text by Hideko Kawachi
『料理通信』2016年10月号/「ワールドトピックス」より

いま、ヨーロッパ全土では年間約8800万トンという膨大な量の食料品が廃棄されている。アムステルダムでは、廃棄の運命を辿る食べ物を救出する“フードセーヴィング・レストラン”「インストック」が登場し、話題を呼んでいる。

「世界中で食料品の約3分の1がゴミとなっている状況を変えたい……」と、オランダの大手スーパーマーケットチェーンで働いていた4人が立ち上げた同店。形が不揃いだったり傷のある野菜、前日に焼いたパンなど、毎朝市内の契約店から引き取った食材を前に、その日のメニューを考える。野菜は発酵させて漬け物、またはピュレ状にしてスープに。前日のパンは、風味が増したところを、鉄板で表面を焼くことでカリッとした焼き立て感をプラス。

「食材を助けたい!」というコンセプトに賛同する人はもちろん、確かな味にファンも多い。各地で起こっている「食材を捨てない」プロジェクトの中でも、コンセプトだけでなく料理の完成度の高さがお客の心を掴んだ成功例だ。

Instock
Czaar Peterstraat 21, 1018NW Amsterdam
+31-(0)20-363-5765
9:00~23:00(木~土曜~24:00) 無休
https://www.instock.nl/

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。