or WASTE

EUROPE

[Amsterdam] 廃棄フード救出レストラン、登場!

europe_01_01text by Hideko Kawachi
『料理通信』2016年10月号/「ワールドトピックス」より

いま、ヨーロッパ全土では年間約8800万トンという膨大な量の食料品が廃棄されている。アムステルダムでは、廃棄の運命を辿る食べ物を救出する“フードセーヴィング・レストラン”「インストック」が登場し、話題を呼んでいる。

「世界中で食料品の約3分の1がゴミとなっている状況を変えたい……」と、オランダの大手スーパーマーケットチェーンで働いていた4人が立ち上げた同店。形が不揃いだったり傷のある野菜、前日に焼いたパンなど、毎朝市内の契約店から引き取った食材を前に、その日のメニューを考える。野菜は発酵させて漬け物、またはピュレ状にしてスープに。前日のパンは、風味が増したところを、鉄板で表面を焼くことでカリッとした焼き立て感をプラス。

「食材を助けたい!」というコンセプトに賛同する人はもちろん、確かな味にファンも多い。各地で起こっている「食材を捨てない」プロジェクトの中でも、コンセプトだけでなく料理の完成度の高さがお客の心を掴んだ成功例だ。

Instock
Czaar Peterstraat 21, 1018NW Amsterdam
+31-(0)20-363-5765
9:00~23:00(木~土曜~24:00) 無休
https://www.instock.nl/

 

GET INSPIRED

India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した