or WASTE

ASIA

[Singapore] 「食品廃棄」から隣人愛が届ける「心の食」へ

asia_01_01text by Eri Sasaki
photograph by Food from the Heart
『料理通信』2017年1月号/「ワールドトピックス」より

淡路島ほどの国土に人口550万人が暮らす都市国家、シンガポール。この20年を振り返っても、急速な食の多様化、国際化が進んだことを実感する。そんな同国で、溢れるような豊かさの裏にある食品廃棄問題と地域社会の在り方に目を向け、課題取り組む非営利組織「Food from the Heart」の活動が着実な広がりを見せている。

協力店から売れ残りのパンを譲り受け、低所得世帯や福祉施設 へ届ける「ブレッドプログラム」は、設立当初、37のベーカリーと120人のボランティアでスタート。13年を経た現在、高級ホテルや大手チェーン「Four Leaves」をはじめとする115社以上が参加、1700人のボランティアが関わるまでに成長した。

「毎月28000kgのパンを集め、15000人に届けています。地道な活動が多くの市民に認められ、企業からも、地域社会の一端を担おうとする意識の高まりを感じます」と語る広報担当のエリンさん。クリスマスの季節、「心の食」で繋がる隣人愛の精神について、今一度考えてみたい。


Food from the Heart
130 Joo Seng Road #03-01, Singapore 368357
+65-6280-4483
https://foodheart.org

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。