or WASTE

EUROPE

Sweden [Sälen]地元の素材には地元の調味料を 北欧発の豆醤油

840Sweden_salentext by Jin Sakiko
(『料理通信』2019年4月号/「ワールドトピックス」より)

スウェーデンの中間に位置するダーラナ地方。中でもノルウェーとの国境に近いスキー場で賑わう町セーレンから、豆醤油が誕生した。

地元出身で料理のナショナルチームに在籍し、「レストラン・ヨナス」で総料理長を務めるフレドリック・ヘードルンド氏は、地産地消に重きを置く料理人。地元のサーモンとイクラを使った料理に地元の調味料を使おうと思ったが、探して手に入れた市販の醤油では納得できず、2016年、自身で醤油醸造所「リウラ」を立ち上げた。

地産のレットヴィーク豆と麹、塩、モルト、そしてダーラナ河の澄んだ水で造る豆醤油は、色が薄め。旨味は濃厚だがキレがよく、後味にはアップルサイダービネガーやマカダミアナッツの余韻が残る。手造りのため、年間2000リットルしか醸造できないが、2017年にはスウェーデンの自家製品評会で見事金メダルを獲得。近年、日本の麹を使った発酵食品が注目されている北欧で、地産食材で造る醤油はさらなる発展に向かっている。

◎ Liura
Svensk Ärtsoja 129スウェーデン・クローナ/250ml、99スウェーデン・ク

ローナ/150ml(業務用のみ)
www.liura.se

GET INSPIRED

India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した