or WASTE

EUROPE

Sweden [Sälen]地元の素材には地元の調味料を 北欧発の豆醤油

840Sweden_salentext by Jin Sakiko
(『料理通信』2019年4月号/「ワールドトピックス」より)

スウェーデンの中間に位置するダーラナ地方。中でもノルウェーとの国境に近いスキー場で賑わう町セーレンから、豆醤油が誕生した。

地元出身で料理のナショナルチームに在籍し、「レストラン・ヨナス」で総料理長を務めるフレドリック・ヘードルンド氏は、地産地消に重きを置く料理人。地元のサーモンとイクラを使った料理に地元の調味料を使おうと思ったが、探して手に入れた市販の醤油では納得できず、2016年、自身で醤油醸造所「リウラ」を立ち上げた。

地産のレットヴィーク豆と麹、塩、モルト、そしてダーラナ河の澄んだ水で造る豆醤油は、色が薄め。旨味は濃厚だがキレがよく、後味にはアップルサイダービネガーやマカダミアナッツの余韻が残る。手造りのため、年間2000リットルしか醸造できないが、2017年にはスウェーデンの自家製品評会で見事金メダルを獲得。近年、日本の麹を使った発酵食品が注目されている北欧で、地産食材で造る醤油はさらなる発展に向かっている。

◎ Liura
Svensk Ärtsoja 129スウェーデン・クローナ/250ml、99スウェーデン・ク

ローナ/150ml(業務用のみ)
www.liura.se

GET INSPIRED

イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー
Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。