or WASTE

EUROPE

Italy [Napoli] 食糧廃棄に立ち向かうM・ボットゥーラの最新活動

840italytext by Sayaka Miyamoto / photograph by Riccardo Piccirillo
(『料理通信』2019年4月号/「ワールドトピックス」より)

2018年12月、貧困層の人々に無料で食事を提供する「イ・ソーシャル・テーブルズ・メイド・イン・クロイスタ」がナポリにオープン。「オステリア・フランチェスカーナ」のマッシモ・ボットゥーラが設立した非営利団体「フード・フォー・ソウル」の最新プロジェクトだ。

食糧生産量の3分の1を廃棄しながら、8億人が飢えに苦しむ世界の現状に疑問を呈する同協会の活動は、2015年のミラノエキスポから始まり、期間内に世界65人以上のスターシェフたちが、15トンの余剰食材を利用し1万食以上を提供した。この活動の特徴は、「義援ではなく文化活動である」ということ。提供する料理と食事スペースのクオリティに重きをおくことで、空腹を満たすだけなく心を豊かにし、生きる力を与えたい。だから料理もインテリアも食器類も、超一流のシェフ、クリエイターたちが手がける。

今年はアメリカ国内に2カ所開設される予定。全人類に関わる大きな問題を投げかける「フード・フォー・ソウル」の活動に、今後も注目していきたい。

◎Food for Soul
www.foodforsoul.it
「I Social Tables Made in Cloister 」は毎週月曜夜にオープン。事前に各種支援団体に登録した人のみ利用することができる。

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。