or WASTE

EUROPE

Italy [Napoli] 食糧廃棄に立ち向かうM・ボットゥーラの最新活動

840italytext by Sayaka Miyamoto / photograph by Riccardo Piccirillo
(『料理通信』2019年4月号/「ワールドトピックス」より)

2018年12月、貧困層の人々に無料で食事を提供する「イ・ソーシャル・テーブルズ・メイド・イン・クロイスタ」がナポリにオープン。「オステリア・フランチェスカーナ」のマッシモ・ボットゥーラが設立した非営利団体「フード・フォー・ソウル」の最新プロジェクトだ。

食糧生産量の3分の1を廃棄しながら、8億人が飢えに苦しむ世界の現状に疑問を呈する同協会の活動は、2015年のミラノエキスポから始まり、期間内に世界65人以上のスターシェフたちが、15トンの余剰食材を利用し1万食以上を提供した。この活動の特徴は、「義援ではなく文化活動である」ということ。提供する料理と食事スペースのクオリティに重きをおくことで、空腹を満たすだけなく心を豊かにし、生きる力を与えたい。だから料理もインテリアも食器類も、超一流のシェフ、クリエイターたちが手がける。

今年はアメリカ国内に2カ所開設される予定。全人類に関わる大きな問題を投げかける「フード・フォー・ソウル」の活動に、今後も注目していきたい。

◎Food for Soul
www.foodforsoul.it
「I Social Tables Made in Cloister 」は毎週月曜夜にオープン。事前に各種支援団体に登録した人のみ利用することができる。

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した