or WASTE

EUROPE

Italy [Milano] 生活に困窮する人々を支える“日常のパン協会”

italy840text & phograph by Yuko Suyama
(『料理通
信』2019年3月号/「ワールドトピックス」より)

パーネ・クォティディアーノ(日常のパン)協会は、1898年誕生の宗教や政治的な背景を持たない慈善団体である。
120周年を記念し、2018年12月5日から2019年1月13日までミラノの美術館で「パンのような良い人々」展を開催。C・サドラー氏など有名シェフたちによる寄付金集めのディナーの他、著名デザイナーたちによる創意溢れる形のパン、木や金属、陶器のオブジェ、スローフード協会のカルロ・ペトリー二氏ら文筆家たちの文章などが展示された。

協会の主な活動は、生活に困窮する人々に手を差し伸べ、無料で食料品を配ること。宗教も理由も問わないため、市内2カ所にある協会には、毎朝、大きな袋を持った人が列をなす。「ここ数年その数は増え、2018年は約100万人の手に渡りました」とルイジ・ロッシ副会長。

食料品は生鮮市場、食品会社や近隣のパン屋からの寄付で賄われ、管理運営もボランティアの手による。クリスマスには、篤志家からの寄付と地元ミラノのヴェルガーニ社の協力で、パネトーネも配られた。

◎ PANE QUOTIDIANO ONLUS 
Viale Toscana, 28 20136 Milano
☎+39-02-58310493
http://panequotidiano.eu/

GET INSPIRED

Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。