or WASTE

AUSTRALIA

Australia [Sydney]“エコな給食”で脱プラスチック

840_australia_201903

text & photograph by Akiko Mori Ganivet
(『料理通信』2019年3月号/「ワールドトピックス」より)

2018年半ば、大論争の末、大手スーパー2社がレジ袋を有料化して以来、シドニーではプラスチックの無駄使いを止める動きが熱気を帯びている。

学校でも各学期に、休み時間用のお菓子を使い捨て容器やプラスチック製保存袋でなく、洗えるお弁当箱に入れて持ってこようという「ヌードフード・デー」を設けているほど。


そこで注目されているのが“エコなランチサービス”だ。給食がないオーストラリアの小学校では、生徒はお弁当を持って来るか、外部の会社に注文する。2017年10月に「ランチボッツ」を立ち上げたナオミ・アイザックさんは、「当初は使い捨て容器を使おうと思ったが、10歳の息子にたしなめられた」と語る。

メニューもテリヤキチキンライスや、キノコのシュウマイなどヘルシー志向だ。「おいしいし、環境のためにヌードフードはやっぱり正解だと思う」(5年生の女子)と生徒にも好評。容器を毎回洗うのは大変だが「先生や親の理解も深まって、徐々に売り上げを伸ばしている」とアイザックさんは意気込む。

◎ The Lunchbots
www.thelunchbots.com.au
使用した容器は児童たちが回収してランチボッツに返却する

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。