or WASTE

AUSTRALIA

Australia [Sydney]“エコな給食”で脱プラスチック

840_australia_201903

text & photograph by Akiko Mori Ganivet
(『料理通信』2019年3月号/「ワールドトピックス」より)

2018年半ば、大論争の末、大手スーパー2社がレジ袋を有料化して以来、シドニーではプラスチックの無駄使いを止める動きが熱気を帯びている。

学校でも各学期に、休み時間用のお菓子を使い捨て容器やプラスチック製保存袋でなく、洗えるお弁当箱に入れて持ってこようという「ヌードフード・デー」を設けているほど。


そこで注目されているのが“エコなランチサービス”だ。給食がないオーストラリアの小学校では、生徒はお弁当を持って来るか、外部の会社に注文する。2017年10月に「ランチボッツ」を立ち上げたナオミ・アイザックさんは、「当初は使い捨て容器を使おうと思ったが、10歳の息子にたしなめられた」と語る。

メニューもテリヤキチキンライスや、キノコのシュウマイなどヘルシー志向だ。「おいしいし、環境のためにヌードフードはやっぱり正解だと思う」(5年生の女子)と生徒にも好評。容器を毎回洗うのは大変だが「先生や親の理解も深まって、徐々に売り上げを伸ばしている」とアイザックさんは意気込む。

◎ The Lunchbots
www.thelunchbots.com.au
使用した容器は児童たちが回収してランチボッツに返却する

GET INSPIRED

Italy [Milano] 生活に困窮する人々を支える“日常のパン協会”
協会の主な活動は、生活に困窮する人々に手を差し伸べ、無料で食料品を配ること。宗教も理由も問わないため、市内2カ所にある協会には毎朝、大きな袋を持った人が列をなす「ここ数年その数は増え、2018年は約100万人の手に渡りました」とルイジ・ロッ...
Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。
[Berlin] 人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営
世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。