or WASTE

EUROPE

Sweden[Stockholm]森とレストランを駆け巡る“野草摘み人”

840_540_stockholmi_2019.1text by Sakiko Jin
(『料理通信』2019年1月号/「ワールドトピックス」より)

スウェーデン北部ラップランド出身のニキ・シュールンド氏は、長年星付きレストランで働いた経験を持つ料理人だ。新北欧料理が発展するにつれて、北欧の森林で採れる野草やハーブの需要が高まった。そこに目を付けた氏は、幼少の頃より釣りや狩り、ベリーやキノコ摘みに親しみ、自然と共に育ったことを生かして、“Forager(野草摘み人)”として北欧をはじめ世界の森林を駆け巡っては採集し、レストランに卸している。

自宅に近いストックホルム郊外の森や林が主な縄張りだが、地域ごとに採集可能な種類が異なり、どこに何がどれだけ生えているかは不確定だ。また自然が相手なだけに、天候によってもかなり左右される。だが春にはガーリックマスタードの蕾、初夏には多様な食用花、夏にはベリー類、夏の終わりから秋には各種キノコと、自然の恵みとその美しさに喜びは募るばかりだ。

「大事なのは、後のことも考え全てを摘み取ってはいけないこと」と氏。野草摘みの本も上梓するなど、幅広く活動している。

◎ Neonatur
www.neonatur.se
書籍『Vildplockat』の販売サイトへリダイレクト)

Facebook: neonatur
Instagram: @neonatur

 

 

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した