or WASTE

EUROPE

Sweden[Stockholm]森とレストランを駆け巡る“野草摘み人”

840_540_stockholmi_2019.1text by Sakiko Jin
(『料理通信』2019年1月号/「ワールドトピックス」より)

スウェーデン北部ラップランド出身のニキ・シュールンド氏は、長年星付きレストランで働いた経験を持つ料理人だ。新北欧料理が発展するにつれて、北欧の森林で採れる野草やハーブの需要が高まった。そこに目を付けた氏は、幼少の頃より釣りや狩り、ベリーやキノコ摘みに親しみ、自然と共に育ったことを生かして、“Forager(野草摘み人)”として北欧をはじめ世界の森林を駆け巡っては採集し、レストランに卸している。

自宅に近いストックホルム郊外の森や林が主な縄張りだが、地域ごとに採集可能な種類が異なり、どこに何がどれだけ生えているかは不確定だ。また自然が相手なだけに、天候によってもかなり左右される。だが春にはガーリックマスタードの蕾、初夏には多様な食用花、夏にはベリー類、夏の終わりから秋には各種キノコと、自然の恵みとその美しさに喜びは募るばかりだ。

「大事なのは、後のことも考え全てを摘み取ってはいけないこと」と氏。野草摘みの本も上梓するなど、幅広く活動している。

◎ Neonatur
www.neonatur.se
書籍『Vildplockat』の販売サイトへリダイレクト)

Facebook: neonatur
Instagram: @neonatur

 

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。