or WASTE

ASIA

Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る

840_540_taipei_2018.12text & photograph by Kyoko Nakayama
(『料理通信』2018年12月号/「ワールドトピックス」より)

2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。

中でも印象的だったのが、“茶の栽培で、より良い環境を作る”をテーマにした「山山来茶(シャンシャンチャ)」。茶畑の一つは、1999年に大地震で2000人以上の死者を出した、集集鎮(シュウシュウチン)という地域にある。被害の一因は、山を開墾し、根の浅い檳榔(ビンロウ)を植えていたために起きた土砂崩れで、より根が深い茶の木に植え替えた地域を支援するのが目的だ。

檳榔の実は覚醒作用がある嗜好品だが、発がん性があり、健康への影響も懸念されている。茶葉を無農薬栽培することは、人々の健康と環境を守り、地域農業のシステム自体を変える取り組みでもあるのだ。また廃棄ゼロを目指しており、市場に出せない形の崩れた茶葉は、ミシュラン一ツ星で、「アジアのベストレストラン」18位の、台湾食材を提供するレストラン「ムメ」で使われている。

◎ Cookmania
https://cookmania.cc

◎ 山山来茶(Shan Shan Cha
www.shanshancha.com

 

 

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した