or WASTE

EUROPE

[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン

840_sweden_2018text by Sakiko Jin
(『料理通信』2018年10月号/「ワールドトピックス」より)

スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。規格外や消費期限が近くなったもの、過剰供給によって捨てざるを得ない食材を、ランチの一品に活用し、無駄(スピル)を減らそうというものだ。

「廃棄されるもののほとんどが野菜かと思いきや、魚をはじめ、特に大量の肉が廃棄処分されていることに驚く。毎回異なる食材が届くので、何を作るか予定を立てられないのが日々の挑戦」とエリックは語る。

開店当初は、多くの客が傷んだ食材を使った料理と思い込み、なかなか軌道に乗らなかったが、長年星付きレストランで経験を積んだエリックが丁寧に作る料理が評判を呼び、またコンセプトに賛同する人も増え、最近は売り切れることもしばしば。

食糧廃棄物を削減するシステムが国全体で確立されれば、という二人の最終目的も、遠い夢ではなさそうだ。


◎Restaurang Spill
Isbergsgata 10A 21119 Malmö

☎なし
11:15~14:30
土曜、日曜休
ランチ 90スウェーデン・クローナ
www.restaurangspill.se

 

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した