or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] アクアポニックスで都市農業を発達させる

840_beuxelles_2018.09

text by Maki Miyazaki
(『料理通信』2018年9月号/「ワールドトピックス」より)

洪水や干ばつによる、水不足や農業生産の減少が危惧される中、世界中で関心が高まる「アクアポニックス」を導入した農園が、2018年2月、ブリュッセルに誕生した。

アクアポニックスとは、水耕栽培と水産養殖を組み合わせた造語で、水を循環させて魚、植物、微生物の三者で共生環境を形成するシステム。魚の排せつ物中のアンモニアを微生物が分解した後の水を、植物が栄養として吸収、フィルターで浄化された水は再び魚の水槽へ循環させる。

これにより、農薬や化学肥料を使わない高品質の野菜や果物、魚が、高い生産性で育成できる。このシステムを4000㎡のと畜場の屋根に設置し、欧州一広い“屋根の上の農園”が実現。都市部での農業生産は、輸送距離が短くなりCO2の減少につながる。

また雇用には、地域の低所得者や身体障がい者、失業者を優先する。都市の建物の再利用とその不動産価値を上げ、都市経済の流れを変えるとして、市やEUの都市計画部門の後援も得ている。安全、新鮮、トレーサビリティを求める消費者の反応も上々だ。

◎ Foodmet
Quai de l'industrie 168, Rue Ropsy-Chaudron 24, 1070 Bruxelles

www.abattoir.farm

 

 

 

 

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。