or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] アクアポニックスで都市農業を発達させる

840_beuxelles_2018.09

text by Maki Miyazaki
(『料理通信』2018年9月号/「ワールドトピックス」より)

洪水や干ばつによる、水不足や農業生産の減少が危惧される中、世界中で関心が高まる「アクアポニックス」を導入した農園が、2018年2月、ブリュッセルに誕生した。

アクアポニックスとは、水耕栽培と水産養殖を組み合わせた造語で、水を循環させて魚、植物、微生物の三者で共生環境を形成するシステム。魚の排せつ物中のアンモニアを微生物が分解した後の水を、植物が栄養として吸収、フィルターで浄化された水は再び魚の水槽へ循環させる。

これにより、農薬や化学肥料を使わない高品質の野菜や果物、魚が、高い生産性で育成できる。このシステムを4000㎡のと畜場の屋根に設置し、欧州一広い“屋根の上の農園”が実現。都市部での農業生産は、輸送距離が短くなりCO2の減少につながる。

また雇用には、地域の低所得者や身体障がい者、失業者を優先する。都市の建物の再利用とその不動産価値を上げ、都市経済の流れを変えるとして、市やEUの都市計画部門の後援も得ている。安全、新鮮、トレーサビリティを求める消費者の反応も上々だ。

◎ Foodmet
Quai de l'industrie 168, Rue Ropsy-Chaudron 24, 1070 Bruxelles

www.abattoir.farm

 

 

 

 

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した