or WASTE

EUROPE

[Oslo] どんどんエコになる音楽祭

840_norway_2018.06

text & photograph by Asaki Abumi
(『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ燃料に活用する。

チケット無料を条件に、若者ボランティアが会場のゴミ拾い、ゴミ分別を行う。ビールのプラスチックコップやたばこの吸い殻は、子どもが集めて、お金に換金する。来場者は自転車や徒歩、歌手は電気自動車で移動し、CO2を減らす――このような対策は、全国各地のフェスでノウハウが共有・実行されている。

グリーン化にこだわるほど、フードもおいしくなる。2018年2月に開催された「ビーラルム」では、ラーメンやリゾットなどがあり、皿は廃棄されるパーム葉を使用。最終的には生ゴミとして回収される。テーブル周辺の壁には“食品ロスを減らそう”という文字が。音楽が好きな人々に、“エコの楽しさ”を強制しない形で体験してもらうことが上手な国だ。

◎ Øyafestival
http://oyafestivalen.no/
◎ by:Larm
https://bylarm.no/

 

GET INSPIRED

Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。