or WASTE

EUROPE

[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする

840_italy_2018.06

text by Mika Hisatani
photograph by The Circle
(『料理通信』2018年6月号/「ワールドトピックス」より)

高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリアでは初。従来の農業に比べ、畑で使用する水の90%を節約でき、作物の成長スピードも約3倍速いという。

近年干ばつに悩まされているこの国で、アクアポニックスは今後さらに発展する分野として有望視されている。現在はローマ大学やミラノ・ボッコーニ大学が研究パートナーとなり活動が進められているが、何よりもローマ二ツ星「イル・パリアッチョ」やネオビストロ「レトロボッテガ」、調理師学校などのトップシェフ達が注目し、ザ・サークル産をこぞって仕入れたことで一気に脚光を浴び始めた。

100%オーガニックに加え、葉野菜やハーブの味わいの凝縮感など、“質”の点からも評価されており、今後、どのようなビジネス展開をしていくのかが関心の的となっている。

 

◎ The Circle - Food & Energy Solutions
Via del casale ciminelli 20, 00132 Roma

www.thecircle.global

 

 

GET INSPIRED

Norway [Oslo]未来は野菜中心? 衝撃的な環境と食のレポート
2050年になっても、健康的な生活を送るためには、現代の食生活を見直す必要。肉・砂糖・乳製品の消費を抑え、果物・野菜・穀物は今より2倍の量に。肉食中心のノルウェーでは、魚は週1回、肉は月2回に。
America[New York] ヴィーガン対応のバターが誕生
ヴィーガン対応のバター「ファババター」。原料はヒヨコ豆の茹で汁アクアファバとココナッツ。タンパク質や炭水化物が豊富に含まれるアクアファバは滑らかな舌触りを生み、ヴィーガン食の卵白の代用として多用される素材
India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した