or WASTE

EUROPE

[Oslo] 食品ロス対策で誕生した羊肉スナック

840_norway_2018.03

text by Asaki Abumi
photograh by Cheeps
(『料理通信』2018年3月号/「ワールドトピックス」より)

「羊農家として30年間働いてきたが、倉庫いっぱいに残った羊肉を見て、なんとかできないかと考えていた」と語るのは、ノルウェー産羊肉のスナック「チープス」を開発したヴィーキンスタ氏。

ノルウェーでは、昨年だけで2257トンの仔羊肉、1155トンの羊肉が倉庫に保管されたままになっていた。これは前年の2倍量にあたる。原因は人々が他の肉を好み、羊肉が食卓に上る機会が減っていることに加えて、輸出量も少ないからだ。

「チープス」は、隣国スウェーデンの乾燥した羊肉サラミからインスピレーションを受けたという。羊肉をスナックにするアイデアはノルウェーでは画期的なもので、「プロテインたっぷりで健康的」「満杯の倉庫を救うスナック」と現地メディアでも話題に。

塩味の乾燥羊肉は、乾いた歯触りでビーフジャーキーのよう。酒のつまみにも合いそうだ。現在、国内では試作品として食メッセや店頭で配られ、フィードバックを集めている。今後は国外でもPRを予定しており、同氏は観光客にも食べてもらえればと意気込んでいる。



◎ Cheeps
www.cheeps.no

 

GET INSPIRED

Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。