or WASTE

EUROPE

[Kristianstad]肉に代わる次世代プロテインの救世主、「キヌア」

840_sweden_2018.02

text by Jin sakiko
(『料理通信』2018年2月号/「ワールドトピックス」より)

環境を意識した食への関心が高まる昨今。農業生物多様性の研究に取り組むコペンハーゲン大学のスヴェン・エリック・ヤコブセン氏は、「肉消費を削減しつつ代替えできる何かを、植物界から見つけ出す必要がある」と、20年にわたり、キヌアの北欧の地での栽培適合性を研究してきた。キヌアはタンパク質が豊富で、必須アミノ酸、鉄、カルシウム、オメガ3などの脂肪酸も含む優れた植物である。しかも丈夫で、痩せた土地でも栽培しやすい。

農学者でエコロジー栽培のカウンセリングもするペール・モーディグ氏は、2009年、当時のスウェーデンでは珍しいレンズ豆などマメ科の栽培に着手した農家。新しいもの好きでキヌアの栄養価にも着目した氏は、2016年にキヌア栽培に取り組んだ。

当初は、生育が早すぎて質が良くないのが問題だったが、種の改良により解決。「実が小さいため、脱穀し、何回もふるいにかけて大きさを揃え、機械による洗浄でよりきれいな状態にします」。商品化には苦労が伴うが、今回の収穫に手応えを感じているようだ。



◎ Fagraslätt
www.fagraslatt.se
紙面はSvD新聞2017年9月26日号より

GET INSPIRED

Sweden[Stockholm] 材料を育てて作るサステナブルなストリートフード
サステナブルな料理人として有名なポール・スヴェンソン。ストックホルムガス社と提携してプロジェクトが注目。100%バイオガスを使ったフードトラックで、料理の注文を取り限定300個の注文数を元に材料となる野菜を育て始め、料理を渡すのは9月という...
Belgium[Bruxelles] 健康とより良い世界のための“グリーンガイド”
一ツ星シェフのフランク・フォル氏が、30年前ベルギーで初めて野菜だけのコースを発表した。以来、野菜や果物にフォーカスすることに専念。『ゴ・エ・ミヨ・グリーンガイド』ベネルクス版を編纂し、テレビで野菜料理を紹介するなど、一般人の啓蒙に努めた。...
Norway [Oslo] 社会復帰をサポートするカフェ
「エーリック・カッフェ」は薬物中毒者や路上生活者が店員を務めるカフェ。設立者はストリートマガジン『=Oslo』の発起人で、雑誌販売などを通して彼らが社会復帰するための支援活動をしている。
England [London] 東ロンドンの“世界で最もエシカルなパブ”とは?
東ロンドンに“世界で最もエシカルなパブ”と銘打った「グリーン・ヴィック」がオープンし話題。小麦の茎を使ったストローや廃棄されたパンを原材料に使ったクラフトビールの他、フェアトレード製品のジンやウォッカなど社会的支援につながるものが並ぶ。
Peru [Lima] ゴミのない世界へ動き始めたリマのシェフたち
廃棄食糧の再資源化を専門とする「シンバ」。契約レストランから食品残渣を回収し、オーガニックとそれ以外に分別。前者は自社工場で家畜飼料に加工し提携の養豚場に提供、後者は正規の食品リサイクル業者に処理を依頼。