or WASTE

EUROPE

[Kristianstad]肉に代わる次世代プロテインの救世主、「キヌア」

840_sweden_2018.02

text by Jin sakiko
(『料理通信』2018年2月号/「ワールドトピックス」より)

環境を意識した食への関心が高まる昨今。農業生物多様性の研究に取り組むコペンハーゲン大学のスヴェン・エリック・ヤコブセン氏は、「肉消費を削減しつつ代替えできる何かを、植物界から見つけ出す必要がある」と、20年にわたり、キヌアの北欧の地での栽培適合性を研究してきた。キヌアはタンパク質が豊富で、必須アミノ酸、鉄、カルシウム、オメガ3などの脂肪酸も含む優れた植物である。しかも丈夫で、痩せた土地でも栽培しやすい。

農学者でエコロジー栽培のカウンセリングもするペール・モーディグ氏は、2009年、当時のスウェーデンでは珍しいレンズ豆などマメ科の栽培に着手した農家。新しいもの好きでキヌアの栄養価にも着目した氏は、2016年にキヌア栽培に取り組んだ。

当初は、生育が早すぎて質が良くないのが問題だったが、種の改良により解決。「実が小さいため、脱穀し、何回もふるいにかけて大きさを揃え、機械による洗浄でよりきれいな状態にします」。商品化には苦労が伴うが、今回の収穫に手応えを感じているようだ。



◎ Fagraslätt
www.fagraslatt.se
紙面はSvD新聞2017年9月26日号より

GET INSPIRED

[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする
高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリア...
[Oslo] どんどんエコになる音楽祭
ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ...
日本 [北海道]   アイヌの文化が色濃く残る土地  北海道東部 阿寒・摩周地域を訪ねて
北海道東部の中心に広がる阿寒摩周国立公園。阿寒、摩周、屈斜路のカルデラ地形と湖は、度重なる火山の大噴火で形づくられました。3つの湖を囲むように広がる針広混交樹林の原生林は今も原始的な姿を残し、エゾシカを始めとする野生動物が数多く生息していま...
[Bruxelles]  スーパーが試みる“環境に配慮した包装”
農薬、プラスチック、合成洗剤などに含まれる有害物質の排出により、環境汚染が問題化されて久しい。2017年のダボス会議では、海には年間800万トンのプラスチックが漂い、このまま行けば2050年には魚の数よりプラスチックごみの量が上回るとの報告...
[Oslo] 食品ロス対策で誕生した羊肉スナック
「羊農家として30年間働いてきたが、倉庫いっぱいに残った羊肉を見て、なんとかできないかと考えていた」と語るのは、ノルウェー産羊肉のスナック「チープス」を開発したヴィーキンスタ氏。