or WASTE

AUSTRALIA

[Walkamin] グリーンバナナの粉が小麦の代替食品に?

840_australia_2017.11

text by Akiko Mori Ganivet
(『料理通信』2017年11月号/「ワールドトピックス」より)

「需給の変動で、収穫したバナナの4割を廃棄する年もあった」と嘆くのは、豪州北部でバナナ農家を営むワトキン氏。悩んだ末に行き着いたのは、バナナを加工し製品化すること。規定サイズに合わないバナナを皮ごと粉砕して美容クリームを作ってみたら、抗酸化物質に富んでいるということでナチュラルコスメ愛好家の間で話題に。

さらに小麦アレルギーに困っていたワトキン氏は、3年の研究の末、未成熟のグリーンバナナを加熱しない独自の製法でパウダー化に成功。腸内環境を整えるレジスタントスターチ(水溶性と不溶性の食物繊維両方の働きを持つデンプン)やミネラルを豊富に含んでおり、グルテンフリー製品の流行もあって、ネットで飛ぶように売れているという。

「小麦ほどさらさらしていない蕎麦粉のような質感で、スムージーやシリアルなどに入れてもおいしい」とワトキン氏。日本でも「バナナマッシュ」の名で発売されることが、2017年8月に発表された。バナナパウダーは小麦アレルギーの救世主となるか?


 Natural Evolution Foods
www.naturalevolutionfoods.com.au
日本での取り扱い: ユニテックフーズ株式会社 
www.unitecfoods.co.jp
バナナマッシュ 3000円/500g

GET INSPIRED

[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。
[Berlin] 人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営
世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。
[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする
高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリア...
[Oslo] どんどんエコになる音楽祭
ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ...
日本 [北海道]   アイヌの文化が色濃く残る土地  北海道東部 阿寒・摩周地域を訪ねて
北海道東部の中心に広がる阿寒摩周国立公園。阿寒、摩周、屈斜路のカルデラ地形と湖は、度重なる火山の大噴火で形づくられました。3つの湖を囲むように広がる針広混交樹林の原生林は今も原始的な姿を残し、エゾシカを始めとする野生動物が数多く生息していま...
[Bruxelles]  スーパーが試みる“環境に配慮した包装”
農薬、プラスチック、合成洗剤などに含まれる有害物質の排出により、環境汚染が問題化されて久しい。2017年のダボス会議では、海には年間800万トンのプラスチックが漂い、このまま行けば2050年には魚の数よりプラスチックごみの量が上回るとの報告...