or WASTE

AMERICA

[New York] シェフが水産資源保護を支援、スマート・キャッチ

840_america_2017_10text by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より

各国の魚介消費が増え、水産資源の85%が最大捕獲量に達した*1と言われる中、シェフが海の資源枯渇の危機軽減を支援するプログラム、「スマート・キャッチ」が2017年6月に始まった。発起団体はジェームズ・ビアード財団。“料理界のオスカー”と呼ばれる「ジェームズ・ビアード財団賞」を毎年授与するなど、米国料理界の中心的存在だ。


全米に620万軒以上ある飲食店*2の影響力に着目した同プログラムは、絶滅危機の恐れのない魚介類の活用をシェフに促すことを目的とする。水産資源危機判定の基準として信頼される「モントレー水族館水産資源監視プログラム」をベースに、メニュー上の食材の80%以上がリスクなしと判断されると、スマート・キャッチの記章を授与される。

各店が半年ごとに審査を受ける厳密性も記章の信頼性を高める。参加各店にはスタッフ研修、マーケティングなどに関するサポートも提供。開始2カ月で、すでに全米約180のレストランが記章を取得しており、今後のプログラムの発展が期待される。

* 1 世界自然保護基金のデータより
www.worldwildlife.org/threats/overfishing

* 2 全米レストラン協会のデータより
www.restaurant.org

◎ SMART CATCH
http://smartcatch.fish 

GET INSPIRED

[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする
高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリア...
[Oslo] どんどんエコになる音楽祭
ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ...
日本 [北海道]   アイヌの文化が色濃く残る土地  北海道東部 阿寒・摩周地域を訪ねて
北海道東部の中心に広がる阿寒摩周国立公園。阿寒、摩周、屈斜路のカルデラ地形と湖は、度重なる火山の大噴火で形づくられました。3つの湖を囲むように広がる針広混交樹林の原生林は今も原始的な姿を残し、エゾシカを始めとする野生動物が数多く生息していま...
[Bruxelles]  スーパーが試みる“環境に配慮した包装”
農薬、プラスチック、合成洗剤などに含まれる有害物質の排出により、環境汚染が問題化されて久しい。2017年のダボス会議では、海には年間800万トンのプラスチックが漂い、このまま行けば2050年には魚の数よりプラスチックごみの量が上回るとの報告...
[Oslo] 食品ロス対策で誕生した羊肉スナック
「羊農家として30年間働いてきたが、倉庫いっぱいに残った羊肉を見て、なんとかできないかと考えていた」と語るのは、ノルウェー産羊肉のスナック「チープス」を開発したヴィーキンスタ氏。