or WASTE

AMERICA

[New York] シェフが水産資源保護を支援、スマート・キャッチ

840_america_2017_10text by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年10月号/「ワールドトピックス」より

各国の魚介消費が増え、水産資源の85%が最大捕獲量に達した*1と言われる中、シェフが海の資源枯渇の危機軽減を支援するプログラム、「スマート・キャッチ」が2017年6月に始まった。発起団体はジェームズ・ビアード財団。“料理界のオスカー”と呼ばれる「ジェームズ・ビアード財団賞」を毎年授与するなど、米国料理界の中心的存在だ。


全米に620万軒以上ある飲食店*2の影響力に着目した同プログラムは、絶滅危機の恐れのない魚介類の活用をシェフに促すことを目的とする。水産資源危機判定の基準として信頼される「モントレー水族館水産資源監視プログラム」をベースに、メニュー上の食材の80%以上がリスクなしと判断されると、スマート・キャッチの記章を授与される。

各店が半年ごとに審査を受ける厳密性も記章の信頼性を高める。参加各店にはスタッフ研修、マーケティングなどに関するサポートも提供。開始2カ月で、すでに全米約180のレストランが記章を取得しており、今後のプログラムの発展が期待される。

* 1 世界自然保護基金のデータより
www.worldwildlife.org/threats/overfishing

* 2 全米レストラン協会のデータより
www.restaurant.org

◎ SMART CATCH
http://smartcatch.fish 

GET INSPIRED

India [Kochi]消えゆく在来種米を食べられるアーカイブに
南インド・ケーララ州コチ市でインド最大の現代芸術展「コチ=ムジリス・ビエンナーレ2018」が開催。食に関連するアートプロジェクトとして、インド各地の在来種米のアーカイブ化を行う「エディブル・アーカイブズ」が注目を集めた。
イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用したサーキュラーエコノミー 持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動
持続可能な都市型農業を目指す「フンギ・エスプレッソ」の活動。イタリア・フィレンツェ発 コーヒー豆のかすを利用した