or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] “落穂拾い”で食材を救え!

840_belgium_2017_12.jpgtext by Maki Miyazaki
photograph by Benajmin Brolet
(『料理通信』2017年12月号/「ワールドトピックス」より)

国連食糧農業機関 (FAO)によると、世界中の食料品生産業界が排出する「無駄」「損失」は1年間に30%もある*。そのうちの54%は食品生産過程にあり、食品になる以前の段階、つまり農産物の収穫過程や保管方法に問題があるという。

これを受けてブリュッセルのファストフード店「エクスキ」は、消費者にフードロスを訴える手段として“落穂拾い”を提案している。同店は持続可能な農業を応援し、ビオやトレーサビリティへの関心も高く、現在5カ国に90店舗を持つ。落穂ひろいとは、夕方から翌朝までの間に畑に残った野菜を手で集めることで、法律でも認められている行為。

2016年は1.2トンのジャガイモを採集した。これで得た農作物は、ホームレスや受刑者らの社会復帰援助など奉仕活動を行う慈善団体「魔法瓶運動」に渡り、11月から4月末の間、ブリュッセル中央駅での低収入者や路上生活者への食事に利用される。クリスチャンの多いベルギーでは落穂拾いに賛同する人も多く、国を挙げたフードロス対策につながっている。

*世界の農林水産業の発展と農村開発に取り組む国連の専門機関。本件は2011年5月、国際包装産業フェア(ドイツ)における国際会議で報告された

◎ EXKi SA
www.exki.be

GET INSPIRED

Taiwan[Taipei]茶の栽培でサステイナブルな環境を作る
2018年9月、サステイナビリティをテーマにしたイベント、第3回「クックマニア」が2日間にわたって台北で行われ、ステージイベントの他、29のブースが並び約2100人が訪れた。
人々が健やかに暮らすために。プラスチックゴミによる環境破壊に立ち向かうリーディングカンパニー
一人当たりの使い捨てプラスチックゴミの排出量がアメリカに次ぎ世界第2位の日本。レジ袋、食品パッケージ、ストロー、カトラリー等々、我々は日々膨大な量のプラスチックを消費しています。
[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。
[Berlin] 人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営
世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。
[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする
高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリア...
[Oslo] どんどんエコになる音楽祭
ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ...