or WASTE

or WASTE?

next action Oct.5-7, 2018







Kimura Bungo , 11001047891 (C)Odilon Dimier/PhotoAlto/amanaimages , 11015208943 (C)Pete Saloutos/Image Source/amanaimages

People joined0
Places Action taken0
Partners involved0
Styles of or WASTE? actions0

or WASTE?
Whether you save or waste, it's up to you.

私たちが住む地球は、世界規模で様々な社会的課題を抱えています。
フードロス、農村の過疎化、生態系や自然環境の崩壊・・・
食環境を取り巻くそれらの多くは、限りある資源、言い換えれば、今あるものに価値を置き、大切にしていく行動こそが、解決に向けた小さな、確実な一歩になります。

私たちは “or WASTE? ~無駄にするの?それとも?”という問いかけとともに、食資源や地域資源の大切さを示唆するアクションを行うプロジェクト“or WASTE?”を始動します。

資源の使い手である私たちの選択で位置づけられていく未来に、アクションをご一緒する皆さんとともに、持続可能な社会をバトンタッチしていくために。

10250000088 (C)UFO RF/a.collectionRF/amanaimages

about img

5 Oct 2018 “or WASTE?” in Akan-Mashu

Action #5
or WASTE? in Akan-Mashu

開催日時:2018年10月5日(金)~10月7日(日)2泊3日

開催場所:北海道 釧路/阿寒・摩周~鶴居村

募集人数:8名

費用:58,000円(62,640円税込) (3日に渡るグルメライド参加費・北海道内移動費/宿泊費/全食費込み 昼3日、**夕食2回、朝食2回)
**2日目夜は、グルメライドで巡る生産者さんの食材を含め、この地域ならではの食資源をふんだんに活用したアウトドアディナーを予定しており、参加者皆でコミューナルテーブルを囲んでの食事をお楽しみいただきます。
***現地までの往復交通旅費は含まれていません。現地集合解散となります。

BYOBicycle
action img

24 Mar 2018 “or WASTE?” in Fujisawa

Action #4
or WASTE? in Fujisawa / Shonan T-SITE

開催日時:2018年3月24日(土)終了

開催場所:湘南T-SITE 1号館2階 ラウンジ

募集人数:30名

費用:2,000円税込(ランチ付)

BYOidea

action img

or WASTE? next action next action Oct.5-7, 2018

5 Oct 2018 or WASTE? in Akan-Mashu

Action #5
or WASTE? in Akan-Mashu

Schedule 1日目

詳しいスケジュールは以下をご確認ください。(「+」をクリックすると詳細がわかります。)
*スケジュールが多少変動する可能性はあります。予めご了承ください。

photographs by Bungo Kimura

 9:40-10:00 釧路空港 集合/ガイダンス
スタッフが目印を持って待機しています。ガイトのアナウンスに従ってください。
ガイダンス後、阿寒湖まで移動します。

<参考> 釧路空港到着便
ANA 札幌(千歳)発 08:20 到着
ANA 東京(羽田)発 09:25 到着
JAL 東京(羽田)発 09:40 到着
(Peach 大阪(関西)発 11:50 到着)
*前日入りされる方等、初日9:40-10:00釧路空港集合ではない形で参加をご希望の方は、阿寒湖温泉エリアにて集合とさせていただきます。お申込後に別途お問い合わせください。
 11:30 阿寒湖到着 昼食
1日目の宿泊先ホテルのチェックイン前まで、運営チームが参加者の皆さまの荷物は預かります。
足慣らしライド前のエネルギーチャージとして、地域の旬の食材を味わっていただけるようスペシャルランチを準備いたします。
 13:00-15:30 足慣らしライド
阿寒湖温泉から南西約20km先にあるオンネトーは、周囲約2.5kmの小さな湖。阿寒湖温泉のある阿寒摩周国立公園内に位置し、雌阿寒岳の影響を色濃く受けている美しい秘境まで、足慣らしライドに出かけます。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 15:30-16:15 チェックイン 自由行動
1日目の宿泊先、阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香チェックイン後、休憩となります。(自転車は大切に管理させていただきます。)
 16:30-17:30 アイヌ古式舞踊
徒歩で阿寒湖アイヌコタンへ移動。
食を含めた北海道の文化を語る上で、忘れてはならないのが先住民族であるアイヌの存在です。阿寒湖周辺は、北海道の中でも伝統的なアイヌの文化が残る地域であり、阿寒湖温泉の西側には北海道最大のアイヌコタン(「コタン」は村、集落の意味)があります。
自然を尊い、自然と共存してきたアイヌ民族、その暮らしの中から生まれたアイヌの踊りを通じて、地域の自然やアイヌの文化を感じていただきます。
 18:00 アイヌ料理 民芸喫茶ポロンノ ディナー開始
阿寒湖アイヌコタンの一角にある『民芸喫茶ポロンノ』は、アイヌの伝統料理を提供する、全国でも貴重な店です。山海の恵みを活かした素朴で滋味深い伝統の味をお楽しみください。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 20:00目途 解散
1日目、お疲れさまでした!翌日のライドに備えて、温泉に浸かりゆっくりお休みください。

6 Oct 2018 Schedule 2日目

詳しいスケジュールは以下をご確認ください。(「+」をクリックすると詳細がわかります。)
*スケジュールが多少変動する可能性はあります。予めご了承ください。

photographs by Bungo Kimura

 8:00-8:15 ホテルロビー集合/ガイダンス
各自チェックアウトを済ませてください。2日目のライドコース、プログラムについてのガイダンスを行います。
 8:15 出発
2日目のロングライドの出発です!阿寒湖から摩周湖のある弟子屈町へと抜ける、カーブの多い山道(国道241号線/阿寒横断道路)を登って下ります。美しく豊かな秋の大自然を臨みつつ、危険がないよう十分注意してライドします。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 11:00-11:30 「ファームピープル」マンゴー生産者村田さん 訪問
弟子屈町に入り最初に訪ねるのは、日本北限のマンゴー生産を担う村田陽平さん。厳寒の地で南国フルーツの代表格であるマンゴーを、大切な地域資源・温泉熱を活用し、思考錯誤しながら育てています。
他の地域では成し得ない真冬に完熟するマンゴー栽培への挑戦、将来の新たなエネルギー供給源として温泉熱と同様、自然エネルギーである太陽光発電の設備を進めるなど、挑戦し続ける村田さんのお話を伺います。運が良ければ、絶品マンゴーを味わえるかも!?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 11:45 「両国食堂」到着 昼食
創業60年以上の歴史を持ち、「変わらぬ味」にこだわり続ける名店で、弟子屈産の蕎麦粉を使った摩周そばをお楽しみください。今回は今年8月に収穫したばかりの新そばを味わえる滅多にない機会であるのに加えて、本グルメライド参加者への特別メニューとして、ざるとかしわそばをセットにしてお召し上がりいただきます!
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 12:30 出発
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 13:30-14:00 ぶどう栽培/ワインづくりの担い手・髙木さん 訪問
昼食を終え、軽快なライドをひとしきり楽しんだ後に出迎えてくれるのは、弟子屈のテロワールを感じられるワインづくりに挑んでいる髙木浩史さん。日本ワインの次代を担う一人です。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 14:00 出発

Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 15:00-15:30 屈斜路湖 砂湯体験
阿寒、摩周、屈斜路のカルデラ地形と湖は、度重なる火山の大噴火で形作られました。そんな自然の力を感じていただける「砂湯」体験をお楽しみください。砂浜を掘ればたちまち足湯として利用できる露天風呂の出来上り!ライド途中の足の疲れがとれますよ。レストハウスにもぜひお立ち寄りください。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 15:30 出発
2日目の最終ゴール地点までラストスパート!
 16:15 川湯温泉 到着 自由行動
2日目の宿泊先、川湯観光ホテルにチェックイン。(自転車は大切に管理させていただきます。)
ディナースタートまで休憩とします。
 17:30 アウトドアディナー@川湯エコミュージアムセンター 開始
夕暮れどきのアウトドア空間で、荻野シェフによる地域食材を使ったディナーをゆっくりご堪能ください。地域ならではの食材としてエゾシカやチーズ、グルメライドで巡る生産者さんの食材など、この地・この時ならではの食を体験いただきます。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 20:00目途 解散
2日目、お疲れさまでした! 1日目とは全く違う硫黄たっぷりのパンチが効いた温泉をぜひお試しください。

7 Oct 2018 Schedule 3日目

詳しいスケジュールは以下をご確認ください。(「+」をクリックすると詳細がわかります。)
*スケジュールが多少変動する可能性はあります。予めご了承ください。

photographs by Bungo Kimura

 8:15-8:30 ホテルロビー集合/ガイダンス
各自チェックアウトを済ませてください。3日目のライドコース、プログラムについてのガイダンスを行います。
 8:30 出発
3日目は、硫黄の独特な匂いと高山植物が低地に生えている変わった景色を楽しめる硫黄山を臨みながらスタート!
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 9:00-9:30 摩周そば・小麦 生産者 訪問
弟子屈の未来を担う若き生産者に地域の魅力、ものづくりのこだわりについて伺います。
ぜひ、2日目の昼食、アウトドアディナーで味わったそばや小麦の感想を作り手の皆さんに伝えてあげてください。
Action #5 “or WASTE?
 9:30 出発
Action #5 “or WASTE?
 10:00-10:30 渡辺体験牧場 訪問
先代から牧場を営む2代目の渡辺隆幸さんは、広大な70haの土地で120頭の乳牛を飼育しています。育てている牛への愛情、雄大な自然を慈しむ大切さを惜しみなく語ってくださる、地域の食を支える功労者です。この地を訪れる人たちに酪農体験を通じて、大自然の感動を持ち帰ってほしいという気持ちで様々な体験プログラムを提供しています。
渡辺さんのお話を伺いながら、壮大な景色とフレッシュなミルクから作られたチーズ等でエネルギーチャージしてください。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 10:30 出発
次の目的地までの中間地点にある、摩周温泉道の駅にも立ち寄る予定です。
 11:30 900草原 到着 昼食
地域の食材を使用したお弁当を地元飲食店さんに特別に作っていただく予定です。壮大な風景を臨みながらのアウトドアランチをお楽しみください。
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?
 12:30 出発
グルメライド ラストのロングライドへ出発です!
Action #5 “or WASTE?
 15:00 鶴居村 到着
3日目、最後のロングライド、お疲れ様でした!
人口約2,500人の純酪農村である鶴居村は、日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す活動を行う「日本美しい村連合」に認定されている村。住民一人一人が環境保全にも力を入れている地域です。
釧路空港への移動前まで、自由行動となりますので、ふらりとお散歩してみてもよし、肌つるつるになると評判の温泉でライドの汗を流すのもよし。出発までゆっくりお過ごしください。 
Action #5 “or WASTE?
Action #5 “or WASTE?

 16:30 釧路空港へ出発
参加者の皆さまをハイヤーにて釧路空港までお連れします。空港までの所要時間は約30分です。
参加者の皆さまの帰路便等のご都合で、多少出発時間を前後させていただく可能性がございます。

<参考> 釧路空港出発便
ANA札幌(千歳)行 17:10 出発
JAL札幌(丘珠)行 18:20 出発
ANA東京(羽田)行 18:40 出発
JAL東京(羽田)行 20:15 出発

PARTNERS

阿寒観光ハイヤー
万代観光
渡辺体験牧場
poronno
阿寒観光協会
摩周湖観光協会
環境省阿寒摩周国立公園管理事務所
Ogino
The Cuisine Press
知床サイクリングサポート

GET INSPIRED

[Malmö] 食糧廃棄物削減を目指すレストラン
スウェーデンの南部、マルメ市に2018年5月にオープンした「スピル」は、エリック・アンデルソンとエリノア・リンドブロムのカップルが食糧廃棄物削減を目指し、人々に関心を持ってもらおうと開いたレストラン。
[Berlin] 人気カフェが取り組む“ゴミゼロ”経営
世界中に広まる、ゼロ・ウェイスト運動。人気のカフェ「イスラ・コーヒー・ベルリン」では、食材作りから仕入れ、調理までを見直してゴミを減らす、サステイナブルな循環型の経済システムを目指し、今年度のドイツ飲食店創立者賞5部門を総なめにした。
[Roma] 食業界のプロと未来の農業をクリエイトする
高校から大学まで一緒に過ごした、97年生まれの4人が運営するアクアポニックス農場「ザ・サークル」がローマ郊外に完成した。アクアポニックス農場とは、土づくり、水やりが不要で、魚の養殖用水を畑に循環させて植物を栽培する新型農業のことで、イタリアでは初。
[Oslo] どんどんエコになる音楽祭
ノルウェー各地の音楽祭の“グリーン化”が止まらない。首都で開催される「オイヤ」はその代表格。フードの90%以上がオーガニック食材で、肉は少なめ。皿、ナイフなどには廃棄予定だった小麦ぬかが使用され、食べることも可能。生ゴミとして廃棄し、バイオ燃料に活用する。
日本 [北海道]   アイヌの文化が色濃く残る土地  北海道東部 阿寒・摩周地域を訪ねて
北海道東部の中心に広がる阿寒摩周国立公園。阿寒、摩周、屈斜路のカルデラ地形と湖は、度重なる火山の大噴火で形づくられました。3つの湖を囲むように広がる針広混交樹林の原生林は今も原始的な姿を残し、エゾシカを始めとする野生動物が数多く生息しています。
[Bruxelles]  スーパーが試みる“環境に配慮した包装”
農薬、プラスチック、合成洗剤などに含まれる有害物質の排出により、環境汚染が問題化されて久しい。2017年のダボス会議では、海には年間800万トンのプラスチックが漂い、このまま行けば2050年には魚の数よりプラスチックごみの量が上回るとの報告もある。