or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] スーパーの屋上を菜園に

840_belgium_2017_4text by Maki Miyazaki
『料理通信』2017年4月号/「ワールドトピックス」より

ブリュッセル市が2016年初頭に発表した「緑地Good Food計画」。都会での農業の可能性を探りながら市民の健康的な食品への意識改善を図り、同時に都市の過大化防止、大気汚染物質の削減を訴えるものだ。


これを受けて大手スーパー「デレーズ」は、店舗の屋上を菜園に改装。収穫した野菜は2017年春から店で販売すると発表した。屋上の空きスペース利用というだけでなく、年間を通した新鮮な野菜の供給、生産と販売の短い流通回路による大気汚染削減、運搬費のコスト節約なども狙いだ。320㎡の菜園はオープンエアーと温室に分かれ、トマト、サラダ菜、ナスなどが有機栽培される。

露天の耕地栽培ではないためビオのラベルは獲得できず、一般野菜とビオ野菜の中間価格での販売となるが、この試みが成功すれば、他支店でも生産する予定。モデルケースとして市民や学校見学にも開放されるため、これを見習う店が増えれば、「2035年以前に、目標とする都市農業30%を達成できる」とは、環境問題担当大臣の弁だ。

◎ Delhaize Boondael
Avenue du Bois de la Cambre 120, 1050 Bruxelles , Belgium 

GET INSPIRED

苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...
[Tokyo] 竹のバイオマス原料で作られた子供用食器 家族と囲む豊かな食卓と環境に寄り添う「Reale(レアーレ)」
環境保全の観点から、石油資源を原料とし生分解性がないレジ袋利用の抑制が世界各地でうたわれ、フランスにおいては、使い捨てのプラスチック製食器を禁止する法律が制定されるなど
[Hiroshima/Tokyo]ー黒くて大きなパンが増えていく理由ー  パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事
3月24日の朝日新聞夕刊1面を「『捨てないパン屋』の挑戦」と題する記事が飾りました。広島のパン屋「ドリアン」の田村陽至さんが「捨てないパン屋」を目指すに至った
[Amsterdam]  廃棄フード救出レストラン、登場!
アムステルダムでは、廃棄の運命を辿る食べ物を救出する“フードセーヴィング・レストラン”「インストック」が登場し、話題を呼んでいる。「世界中で食料品の約3分の1がゴミとなっている状況を変えたい……」と