or WASTE

AMERICA

[Chicago] 新SNSが広げる“家庭の食卓”ネットワーク

WT1504_USA_phototext by Kuniko Yasutake
photograph by Meal Sharing
『料理通信』2015年4月号/「ワールドトピックス」より


“外食はレストランでなく、よその家で!”と提案するSNSサイト「ミール・シェアリング」。ユーザー(無料登録)は、気取りのない家庭料理をふるまいたい人達とそんな食卓を訪れたい人達だ。

facebookアカウントと連動したプロフィールページ、電話番号やメールアドレスで、身元と希望日時を確認できれば食事会を開催できる。メニューは主催者の価格設定(無料、もしくは平均8~12ドル)によってあらかじめ公開されたり、ゲストがリクエストすることも可能。ユニークな料理を楽しむだけでなく、食を介しての出会いや文化交流に興味を持つ人々が集っている。

参加者は写真やコメントをサイト上でシェアし、献立や食卓の雰囲気等の評価をできる仕組みで、開設から2年で世界450都市にユーザーを有するまでに成長した。三大人気エリアは、本拠地のシカゴの他、マドリード、ベルリン。海外在住日本人ユーザーによる和食の会はどの国でも人気で、予約が殺到するそうだ。

Meal Sharing
www.mealsharing.com


 

 

GET INSPIRED

「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...
[Tokyo] 竹のバイオマス原料で作られた子供用食器 家族と囲む豊かな食卓と環境に寄り添う「Reale(レアーレ)」
環境保全の観点から、石油資源を原料とし生分解性がないレジ袋利用の抑制が世界各地でうたわれ、フランスにおいては、使い捨てのプラスチック製食器を禁止する法律が制定されるなど