or WASTE

AUSTRALIA

[Melbourne] バリスタのスキルを難民に伝授

Australia_01_01text by Akiko Mori Ganivet
photo by Gold and Grit photography


まずいコーヒーを探すのが難しいと言われるメルボルンで2015年に開店し、味も客の応対も格別という評判の店がある。こだわりの豆を「プラウド・メアリー」という著名ロースターから仕入れてドリップする「ロングストリート・コーヒー」は、豪州で職探しが難しい難民や亡命希望者にバリスタのスキルを教える場となっている。

イランなどから来豪する難民らの手助けを模索していたマルクス夫妻が、クラウドファンディングで資金集めをしたこのカフェ、研修はあいさつや注文の取り方、紅茶の淹れ方から始まる。 英語の会話はある程度できるのが前提なので、教えるのはオージーの口語や言い回しがメイン。次に、フィルターコーヒーの淹れ方、豆の原産や焙煎による微妙な味の違いを学びながらマシンの使い方を最後に習得するという流れだ。

「地域のコミュニティサポートのおかげで、客足も順調です。リピート客も増えています」というジェーン・マルクスさん。訪れるとつい笑みがこぼれる、そんなカフェだ。

(『料理通信』2016年7月号/「ワールドトピックス」より)

Long Street Coffee
45 Little Hoddle Street, Richmond, Melbourne, CIC3121
+61-4-1516-4130 8:00~16:00 月曜休
http://www.longstreetcoffee.com

 

GET INSPIRED

[Bruxelles] “落穂拾い”で食材を救え!
国連食糧農業機関 (FAO)によると、世界中の食料品生産業界が排出する「無駄」「損失」は1年間に30%もある*。そのうちの54%は食品生産過程にあり、食品になる以前の段階、つまり農産物の収穫過程や保管方法に問題があるという。
「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...