or WASTE

EUROPE

[Amsterdam] 廃棄フード救出レストラン、登場!

europe_01_01text by Hideko Kawachi
『料理通信』2016年10月号/「ワールドトピックス」より

いま、ヨーロッパ全土では年間約8800万トンという膨大な量の食料品が廃棄されている。アムステルダムでは、廃棄の運命を辿る食べ物を救出する“フードセーヴィング・レストラン”「インストック」が登場し、話題を呼んでいる。

「世界中で食料品の約3分の1がゴミとなっている状況を変えたい……」と、オランダの大手スーパーマーケットチェーンで働いていた4人が立ち上げた同店。形が不揃いだったり傷のある野菜、前日に焼いたパンなど、毎朝市内の契約店から引き取った食材を前に、その日のメニューを考える。野菜は発酵させて漬け物、またはピュレ状にしてスープに。前日のパンは、風味が増したところを、鉄板で表面を焼くことでカリッとした焼き立て感をプラス。

「食材を助けたい!」というコンセプトに賛同する人はもちろん、確かな味にファンも多い。各地で起こっている「食材を捨てない」プロジェクトの中でも、コンセプトだけでなく料理の完成度の高さがお客の心を掴んだ成功例だ。

Instock
Czaar Peterstraat 21, 1018NW Amsterdam
+31-(0)20-363-5765
9:00~23:00(木~土曜~24:00) 無休
https://www.instock.nl/

 

GET INSPIRED

[Bruxelles] “落穂拾い”で食材を救え!
国連食糧農業機関 (FAO)によると、世界中の食料品生産業界が排出する「無駄」「損失」は1年間に30%もある*。そのうちの54%は食品生産過程にあり、食品になる以前の段階、つまり農産物の収穫過程や保管方法に問題があるという。
「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...