or WASTE

ASIA

[Singapore] 「食品廃棄」から隣人愛が届ける「心の食」へ

asia_01_01text by Eri Sasaki
photograph by Food from the Heart
『料理通信』2017年1月号/「ワールドトピックス」より

淡路島ほどの国土に人口550万人が暮らす都市国家、シンガポール。この20年を振り返っても、急速な食の多様化、国際化が進んだことを実感する。そんな同国で、溢れるような豊かさの裏にある食品廃棄問題と地域社会の在り方に目を向け、課題取り組む非営利組織「Food from the Heart」の活動が着実な広がりを見せている。

協力店から売れ残りのパンを譲り受け、低所得世帯や福祉施設 へ届ける「ブレッドプログラム」は、設立当初、37のベーカリーと120人のボランティアでスタート。13年を経た現在、高級ホテルや大手チェーン「Four Leaves」をはじめとする115社以上が参加、1700人のボランティアが関わるまでに成長した。

「毎月28000kgのパンを集め、15000人に届けています。地道な活動が多くの市民に認められ、企業からも、地域社会の一端を担おうとする意識の高まりを感じます」と語る広報担当のエリンさん。クリスマスの季節、「心の食」で繋がる隣人愛の精神について、今一度考えてみたい。


Food from the Heart
130 Joo Seng Road #03-01, Singapore 368357
+65-6280-4483
https://foodheart.org

 

GET INSPIRED

「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...
[Tokyo] 竹のバイオマス原料で作られた子供用食器 家族と囲む豊かな食卓と環境に寄り添う「Reale(レアーレ)」
環境保全の観点から、石油資源を原料とし生分解性がないレジ袋利用の抑制が世界各地でうたわれ、フランスにおいては、使い捨てのプラスチック製食器を禁止する法律が制定されるなど
[Hiroshima/Tokyo]ー黒くて大きなパンが増えていく理由ー  パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事
3月24日の朝日新聞夕刊1面を「『捨てないパン屋』の挑戦」と題する記事が飾りました。広島のパン屋「ドリアン」の田村陽至さんが「捨てないパン屋」を目指すに至った