or WASTE

EUROPE

[Bruxelles] “落穂拾い”で食材を救え!

840_belgium_2017_12.jpgtext by Maki Miyazaki
photograph by Benajmin Brolet
(『料理通信』2017年12月号/「ワールドトピックス」より)

国連食糧農業機関 (FAO)によると、世界中の食料品生産業界が排出する「無駄」「損失」は1年間に30%もある*。そのうちの54%は食品生産過程にあり、食品になる以前の段階、つまり農産物の収穫過程や保管方法に問題があるという。

これを受けてブリュッセルのファストフード店「エクスキ」は、消費者にフードロスを訴える手段として“落穂拾い”を提案している。同店は持続可能な農業を応援し、ビオやトレーサビリティへの関心も高く、現在5カ国に90店舗を持つ。落穂ひろいとは、夕方から翌朝までの間に畑に残った野菜を手で集めることで、法律でも認められている行為。

2016年は1.2トンのジャガイモを採集した。これで得た農作物は、ホームレスや受刑者らの社会復帰援助など奉仕活動を行う慈善団体「魔法瓶運動」に渡り、11月から4月末の間、ブリュッセル中央駅での低収入者や路上生活者への食事に利用される。クリスチャンの多いベルギーでは落穂拾いに賛同する人も多く、国を挙げたフードロス対策につながっている。

*世界の農林水産業の発展と農村開発に取り組む国連の専門機関。本件は2011年5月、国際包装産業フェア(ドイツ)における国際会議で報告された

◎ EXKi SA
www.exki.be

GET INSPIRED

[Bruxelles] “落穂拾い”で食材を救え!
国連食糧農業機関 (FAO)によると、世界中の食料品生産業界が排出する「無駄」「損失」は1年間に30%もある*。そのうちの54%は食品生産過程にあり、食品になる以前の段階、つまり農産物の収穫過程や保管方法に問題があるという。
「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られてい...