or WASTE

or WASTE?

next action Oct 14 2017 Join us now!




Kimura Bungo , 11001047891 (C)Odilon Dimier/PhotoAlto/amanaimages , 11015208943 (C)Pete Saloutos/Image Source/amanaimages

People joined0
Places Action taken0
Partners involved0
Styles of or WASTE? actions0

or WASTE?
Whether you save or waste, it's up to you.

私たちが住む地球は、世界規模で様々な社会的課題を抱えています。
フードロス、農村の過疎化、生態系や自然環境の崩壊・・・
食環境を取り巻くそれらの多くは、限りある資源、言い換えれば、今あるものに価値を置き、大切にしていく行動こそが、解決に向けた小さな、確実な一歩になります。

私たちは “or WASTE? ~無駄にするの?それとも?”という問いかけとともに、食資源や地域資源の大切さを示唆するアクションを行うプロジェクト“or WASTE?”を始動します。

資源の使い手である私たちの選択で位置づけられていく未来に、アクションをご一緒する皆さんとともに、持続可能な社会をバトンタッチしていくために。

10250000088 (C)UFO RF/a.collectionRF/amanaimages

about img

14 Oct 2017 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate

Action #3
or WASTE? in Iwate

開催日時:2017年10月14日(土)

開催場所:岩手県遠野市

募集人数:20名

費用:10,000円税込(参加費、*ディナー費込み)
*グルメライドで巡る生産者さんの食材を含め、秋に実る遠野の豊かな食材や沿岸部の魚介をふんだんに使ったディナーをご用意します。参加者皆で、アウトドアに設置されたコミューナルテーブルを囲んでの食事をお楽しみいただきます。

BYOBicycle
action img

30 Sep 2017 “or WASTE?” Gourmet Ride in Aomori グルメライド in 青森 地域資源を五感で味わおう

Action #2
or WASTE? in Aomori

開催日時:2017年9月30日(土)〜10月1日(日)

開催場所:青森県 弘前 ~大鰐

募集人数:20名

費用:27,000円税込(2日に渡るグルメライド参加費/宿泊費/全食費:昼2回、*夕食1回、朝食1回 込み)
*グルメライドで巡る生産者さんの食材を含め、この地域で育まれる旬の食材をふんだんに使ったディナーをご用意します。
参加者皆で、アウトドア(1日目ゴール地点)に設置されたコミューナルテーブルを囲んでの食事をお楽しみいただきます。

BYOBicycle

action img

or WASTE? next action Oct 14 2017 Get involved

14 Oct 2017 “or WASTE?”Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手

Action #3
or WASTE? in Iwate Prefecture

Schedule

詳しいスケジュールは以下をご確認ください。(「+」をクリックすると詳細がわかります。)
*スケジュールが多少変動する可能性はあります。予めご了承ください。ライド、立ち寄り時間は目安です。
Please see below for details about the schedule. (Click on the “+” for further information.)
*Please note that some small changes may be made to the schedule. The ride and visit times are approximations.

Photographs by Luuvu Hoang

 11:00-11:20 遠野駅 集合/ガイダンス Tono Station Meeting point / introductions
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
スタッフが目印を持って待機しています。ガイトのアナウンスに従って、グルメライドをスタートします。
Staff will be waiting with a sign. The gourmet ride will commence with the guide’s announcement.
 11:45 郷土の味を楽しむアウトドアランチ Visit a farm & Enjoy outdoor lunch
遠野の土地で様々な作物を育て、農業のもつ大きな意味合いを伝える、とてもチャーミングな生産者・菊池範子さんの畑を訪問します。
遠野の畑風景の中で一息つきながら、雑穀おにぎりと郷土料理ひっつみをお楽しみください。
無肥料・無農薬の自然栽培を手掛ける遠野・勘六縁さんのお米を味わっていただきます。
A variety of crops are grown in the Tono area. We’ll visit the fields of Noriko Kikuchi, a charming producer who can share the wider implications of agriculture. While taking a breather amidst the scenery of Tono’s fields, enjoy zakkoku (indigenous grains) onigiri (rice balls) and a local dish called hittsumi (flour dumplings and vegetable stew.) You’ll also be able to try Kanrokuen rice, which is cultivated by a local Tono farmer without the use of fertilizers or pesticides.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 12:10-14:00
美しい田園風景や川沿いを望みながら、早池峰山方面へと走り抜けます。
Proceed in the direction of Mount Hayachine while gazing at the beautiful rural scenery and riverside.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 14:00 どぶろく生産者 江川さん訪問 Visit a producer of doburoku
どぶろく特区の遠野で、どぶろく製造の特別免許第1号を取得された江川さんは、絶品のどぶろくを造るだけでなく、民宿を営みながら牧場やヤマメの養殖、狩猟も手掛けるマルチプレイヤー。柔和な笑顔が素敵な、会うと皆ファンになってしまうおとうさん。地域に根差したものづくりと、この土地だからこそ育まれた食文化について語っていただきます。ライド中の栄養補給に、荻野シェフ特製どぶろくを使ったヴィーガンケーキをお召し上がりいただけます。(どぶろくはディナー時にご提供します)
Please take a break and eat a vegan SAKE cake. Mr. Egawa, who was the first to secure a special license for making doburoku in Tono’s Doburoku Special Zone, not only makes outstanding doburoku, but is also involved in operating a pension, a ranch, aquaculture of landlocked mass salmon, and hunting. Always with a smile, he is the type of person that you become a fan of soon after meeting. He’ll speak about the artisanal work that is rooted in the community as well as the food culture unique to the land.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 14:20-15:50
田園風景とはまた違う遠野の魅力を感じられるエリアを走ります。神聖な雰囲気を持つ早池峰神社や、遠野名勝のひとつ、重湍渓を望みながらのライドをお楽しみください。
You’ll pass through an area offering other views of Tono than solely agricultural landscapes. Take in views of Hayachine Shrine, with its spiritual ambience, and Chotankei, one of Tono's places of scenic beauty.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 15:50 伝統野菜のスムージーで一服 Enjoy green smoothie
生まれ育った遠野の地を愛する緑峰高校の学生たちが、遠野の伝統野菜・早池峰菜(はやちねな)の普及のために、精力的に活動しています。そんな彼らが、育てた早池峰菜スムージーをご馳走してくれます!
The students of this agricultural high school were born and raised in Tono and love its land. They are working hard to popularize Tono's traditional vegetable hayachine-na (a dark green brassica of the mustard family with large, flat leaves). They will prepare by hand a unique hayachine-na smoothie for you!
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 16:10 ゴールへ向けて出発 Depart for the goal
ゴールまであともう少し!田園風景の中を走るラストスパートをお楽しみください! It’s just a little further to reach your destination! Enjoy the final spurt as you run through the rural scenery!
 16:30 遠野みらい創りカレッジ 到着 Arrive at Tono Mirai Zukuri College
おつかれさまでした!
遠野みらい創りカレッジは、廃校となった中学校をリノベーションし、産官学民が連携し、地域の未来のために様々な取り組みが行われている施設です。
シャワールームが完備された施設内で休憩をとってください。
Way to go!
Tono Mirai Zukuri College is a facility that was created by renovating an abandoned junior high school. Various initiatives are underway to help the future of the community through cooperation across government, industry, and academia.
Please feel free to take a rest in the facility, which has shower rooms.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 17:30 アウトドアディナー 開始 Outdoor Dinner begins
岩手のDNAに流れる山ぶどうや雑穀、遠野の伝統野菜・早池峰菜や、世界有数の漁場として名高い三陸の魚介を使った料理をコース仕立てで提供します。 一緒にライドを楽しんだ参加者の皆さんとともに語らいながら、どぶろくをはじめ地域のお酒とのハーモニーも、この機会ならでは、です。存分にご堪能ください。
We will provide cuisine featuring dishes made using yama-budo (wild grapes) and zakkoku (grains) which run in the DNA of Iwate; Tono's traditional vegetable hayachine-na; and famous Sanriku seafood which comes from one of the world’s leading fishing grounds.
While talking to the participants with whom you enjoyed the ride, take advantage of this opportunity to experience the harmony of great food and local alcohol such as doburoku (unrefined sake). Enjoy this time to your heart’s content.
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
Action #3 “or WASTE?” Gourmet Ride in Iwate グルメライド in 岩手
 20:00 目途 終了 解散 Dinner concludes
おつかれさまでした。
Thank you for your Ride!


Scenes from or WASTE?

Follow us on instagram

Load More

PARTNERS

ogino
BEACHTOWN
digital_surf
認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク
新しい東北
復興庁
cuisine_pres

本アクションは、復興庁 平成29年度「新しい東北」交流拡大モデル事業として実施します。
主催:(株)料理通信社 協力:認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク/(株)BEACHTOWN /デジタルサーフ(株)
問い合わせ先 or WASTE? 問い合わせフォーム

This event will be held under FY2017 “New Tohoku” Interaction Model Project led by Japan’s Reconstuction Agency.
hosted by the Cuisine Press Inc. supported by Tono Natural Life Network/BEACHTOWN Corporation/ Digital Surf inc.
for inqueris: mail to or WASTE? Project jointheaction@or-waste.com

GET INSPIRED

「オステリア・フランチェスカーナ」マッシモ・ボットゥーラシェフに聞く フードロスに立ち向かう食堂「レフェットリオ」とは?
もはや世界中が危機感を抱いている、食料廃棄、またはフードロス。この問題に対して、積極的に行動しているのがイタリア「オステリア・フランチェスカーナ」オーナーシェフ、マッシモ・ボットゥーラだ。
岩手、不屈の食文化を支える魂
高い木がまばらに生える岩手県の三陸海岸。レストラン「ロレオール田野畑」は、その海岸を見晴らせる切り立った断崖の上にあります。眼下の入り江から聞こえてくるのは、ごつごつした岩にぶつかる波の音。
苦境をバネに生まれる味 岩手を訪ねて~矢巾から遠野へ~
日本には、「あるはないに勝る」ということわざがあります。何事であれ、何もないよりは少しでもある方がまし、という意味の慎ましい表現は、今ある恵みに感謝し、その恵みを最大限に活用することの大切さを思い出させてくれます。
伝統と革新の地 青森県津軽を訪ねて
青森県に広がる緑豊かな津軽平野。今では農業の中心地として豊かな恵みをもたらすこの平野は、北は八甲田火山群と接し、南はブナなどの原生林で覆われた白神山地、西側は日本海に面していることから、その昔、人間が近づくことのできない地域として知られていました。
[Tokyo] 竹のバイオマス原料で作られた子供用食器 家族と囲む豊かな食卓と環境に寄り添う「Reale(レアーレ)」
環境保全の観点から、石油資源を原料とし生分解性がないレジ袋利用の抑制が世界各地でうたわれ、フランスにおいては、使い捨てのプラスチック製食器を禁止する法律が制定されるなど
[Hiroshima/Tokyo]ー黒くて大きなパンが増えていく理由ー  パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事
3月24日の朝日新聞夕刊1面を「『捨てないパン屋』の挑戦」と題する記事が飾りました。広島のパン屋「ドリアン」の田村陽至さんが「捨てないパン屋」を目指すに至った