or WASTE

or WASTE?

next action May 28 2017 Join us now!




11001047891 (C)Odilon Dimier/PhotoAlto/amanaimages , 11081007430 (C)Maskot/amanaimages , 11015208943 (C)Pete Saloutos/Image Source/amanaimages

People joined0
Places Action taken0
Partners involved0
Styles of or WASTE? actions0

or WASTE?
Whether you save or waste, it's up to you.

私たちが住む地球は、世界規模で様々な社会的課題を抱えています。
フードロス、農村の過疎化、生態系や自然環境の崩壊・・・
食環境を取り巻くそれらの多くは、限りある資源、言い換えれば、今あるものに価値を置き、大切にしていく行動こそが、解決に向けた小さな、確実な一歩になります。

私たちは “or WASTE? ~無駄にするの?それとも?”という問いかけとともに、食資源や地域資源の大切さを示唆するアクションを行うプロジェクト“or WASTE?”を始動します。

資源の使い手である私たちの選択で位置づけられていく未来に、アクションをご一緒する皆さんとともに、持続可能な社会をバトンタッチしていくために。

10250000088 (C)UFO RF/a.collectionRF/amanaimages

about img

28 May 2017 “or WASTE?” 循環を生む食べ方を実践していこう

Action #1
or WASTE? in Hayama/ Mori to Hatake no Gakko

開催日時:2017年5月28日(日) 11:00~16:00頃

開催場所:湘南国際村 森と畑の学校
〒240-0107 神奈川県横須賀市 湘南国際村 2-2388-24

持ち物:汚れてもいい靴/軍手/エプロン

募集人数:20名

費用:5,000円 (現地までの交通費は各自負担となります。)

5/9(火)をもって応募を締め切りました。

BYOCutlery
action img

  TBD 2017 “or WASTE?” Gourmet Ride in Aomori 地域資源を五感で味わおう

Action #2
or WASTE? in Aomori

開催日時:2017年秋

開催場所(予定):弘前 ~大鰐

募集人数:未定

費用:未定

BYOBicycle
action img

or WASTE? next action May 28 2017 Get involved

28 May 2017 “or WASTE?”循環を生む食べ方を実践していこう

Action #1
or WASTE? in Hayama/ Mori to Hatake no Gakko

Schedule

 11:00 湘南国際村センターバス停前 集合
湘南国際村センターバス停にて、or WASTE?ボードを持ったスタッフが立っていますので、声をかけてください。参加者が全員集合しましたら、開催場所まで皆で移動します。開催場所まで徒歩10分程度です。(ご近所から参加される方など、直接「森と畑の学校」集合をご希望の方は、参加のご案内をさせていただく際に、その旨お知らせください。)
 11:15 「森と畑の学校」到着
参加者の皆さんの確認を再度させていただきます。
 11:15~11:30 スタッフ、コラボレーションパートナー 挨拶
当日のアクションの進行、注意事項をスタッフより説明します。またご協力いただく「OGINO」荻野伸也シェフと、「森と畑の学校」代表・伊藤さんからご挨拶いただきます。
 11:30~12:30 準備 / 野菜収穫 /手伝い
“or WASTE?”循環を生む食べ方を実践していこう
各自、畑の野菜についてのガイドと収穫の仕方などガイドを受けた後、間引きが必要な野菜を含め、収穫の手伝いをしていただくと同時に、各々思い思いに採った野菜でマイサラダをアレンジしてもらいます。
 12:30~14:30 皆でランチ トークセッション
農園で育まれた野菜や果物をふんだんに取り入れ、調理過程では地域の廃材を熱源として活用した、荻野シェフによる料理を皆で味わいます。皆さんのマイサラダに添えるフレッシュなドレッシングに始まり、ビーツなど生食しにくい野菜を使ったデリ料理、調理過程で出た野菜くずでとる出汁を利用した野菜スープなど盛りだくさん。メインにはジビエ料理も!
この地域を含め県内では、畑を荒らすなど有害駆除を目的としてイノシシが捕獲されています。
当日は、肉の扱いで定評がある荻野シェフが、イノシシ肉のシャルキュトリやメイン料理を手掛けてくださる予定です。畑の恵みを活かしたデザートもありますよ!
また当日は “or WASTE?”のメッセージと親和性あるものづくりを手掛ける造り手による日本ワインとパンもご用意しますので、お楽しみに!

皆で食事を囲みながら、トークセッションも盛り込んでいく予定です。

*適宜、参加者の皆さんにもお手伝いいただきますので、よろしくお願いします。
また天候や野菜の生育状況により、当日活用する食材、提供させていただくお料理が変更になる可能性もございます。予めご了承ください。
 14:30~15:15 堆肥づくりサポート
“or WASTE?”循環を生む食べ方を実践していこう
循環型の農業を営むなかで行われているコンポストづくりをお手伝いします。
 15:15~16:00 畑ツアー
広大な畑を自由に見て回ったり、野菜を購入したい参加者対象に「農園スーパー」のガイドを行います。ハサミとカゴを持って、好きなお野菜を収穫、購入していただけます。
 16:00~16:15 挨拶 / 解散
解散前にもう一度集合。参加者の皆さんにも感想を伺いつつ、当日のプログラムを終わらせたいと思います。(湘南国際村センター前 バス停 逗子駅方面 バス出発時間 16:45)


Scenes from or WASTE?

Follow us on instagram

Load More

PARTNERS

ogino
湘南国際村 森と畑の学校
cuisine_press

GET INSPIRED

[Hiroshima/Tokyo]ー黒くて大きなパンが増えていく理由ー  パン職人たちの「捨てない」意識と「捨てない」仕事
3月24日の朝日新聞夕刊1面を「『捨てないパン屋』の挑戦」と題する記事が飾りました。広島のパン屋「ドリアン」の田村陽至さんが「捨てないパン屋」を目指すに至った
[Amsterdam]  廃棄フード救出レストラン、登場!
アムステルダムでは、廃棄の運命を辿る食べ物を救出する“フードセーヴィング・レストラン”「インストック」が登場し、話題を呼んでいる。「世界中で食料品の約3分の1がゴミとなっている状況を変えたい……」と
[Melbourne]  バリスタのスキルを難民に伝授
こだわりの豆を「プラウド・メアリー」という著名ロースターから仕入れてドリップする「ロングストリート・コーヒー」は、豪州で職探しが難しい難民や亡命希望者にバリスタのスキルを教える場となっている。